ohashi yoshiyasu

大橋トリオ。

Home  >>  未分類  >>  大橋トリオ。

大橋トリオ。

On 6月 2, 2016, Posted by , In 未分類, With No Comments

いや、そっちじゃないですw

今日は大橋よしやすtrio編成で初スタジオでした♪

今までピアノ なるみん と二人で一年やってきましたが、

ここに来てベーシスト加入。

ソロになってから7年、元々ロックバンドマンの煮えたぎる血には逆らえず、気がつけばソロで1人バンドサウンドになってた。

もちろんはじめはギター一本弾き語り、

バンドの頃の目玉の歪んだギターソロの出来なくなった自分。

弾き語り初ステージ降りると、

「よっさんのギターソロが聴きたかったな〜!」

とお客さん達。

気持ちは分かる(笑)

そっからディレイってエフェクター使って、残響の中でギターソロしてみるとかやってみた、

案外みんなに好評だった。

んで実は10年前くらいからルーパーは持ってたのよ、偶然にも。

でもその当時は2回目録音する時にはガザガザの音質で再生されてとてもじゃないけど本番では使えないモンだったかな。

3年前くらいにはようやく本番で使える音質のルーパーが出てきた。

それから録りまくり、その上からソロ弾きまくり。

それでもまだバンドサウンドに飢えていてので、

今度はギターを歪ます事を考えた、

当時はエレガットギター(エレキのサイズのギターにクラッシック弦の張ってあるやつ)結局難航したので、ハイブリットギター(アコギとエレキの中間みたいの)に持ち替え、

アコースティックの様なハードロックの様な謎の音楽になって。

それから、人生初めてのアコースティックギター購入に踏み切った。

初めてアコギ買ったのが2年半前、超歴史が浅いんですw

何故なら両腕腱鞘炎。

だから、アコギの弦が硬くて弾けなかったため使ってなかった。

ギターの弾き方工夫しまくって、ギターセッティングを指に優しくして、

弾けるようになった、

今でも実はちょいキツイ時あるけど。

それでもなおバンドサウンドに飢えてたので、

次はアコギを叩きながら弾く様になった、

ポイントは叩き”ながら”弾くってところね(笑)

で、今のソロスタイル完成。

バンド組みたいなと願いつつ、

7年が経ち、

trio編成に至る。

メンバーは無理に探してなかったんだけど、

自然と巡り会わないと、何かどこかで歯車が狂う気がして。

さ、この自然の巡り合わせから新しい何かが見つかるといいな。

大橋トリオのデビューライブは、

6/18(土)新潟 Mush

この日はO.A.田村徳幸、スペシャルゲストmarco(東京)

 

Comments are closed.